Menu

お葬式とお別れ式

葬儀会場

本当の意味で故人を偲ぶ

ここ最近、東京のお葬式の在り方が変化を見せています。これまでの葬儀というと、通常は自宅で執り行われることが多かったのですが、最近はメモリアルホールなどを利用することが多くなりました。かつて、メモリアルホールを利用する葬儀は盛大的に行われたものですが、今は家族葬や個人葬が大きな割合を占めています。東京のメモリアルホールで毎日のように挙げられる葬儀の大半が家族葬であるとも言われています。家族葬は、通常の葬儀と違い、弔問客抜きで行われます。東京での家族葬が増えたことで、メモリアルホールの使用も増えているのです。このような葬儀の傾向は年々拡大しています。家の経済状態に関わらず、小規模なお葬式を望む人が増えているのです。葬儀を挙げるということは、公の立場ではなく、個人的立場として捉える人が増えているためと推測されます。そのように考える人が増える中で、自身の葬儀は簡素に行う様遺言する人も結構います。家族葬や個人葬を挙げる家族は、故人の気持ちを尊重している場合も多いのです。そのような小さなお葬式が増える中で、もう一つの傾向も現れています。それは、葬儀後に執り行うお別れ式です。お葬式で弔問客を省いた代わりに、弔意を表す人には改めて集まる機会を用意するやり方です。このやり方の方が、本当に故人を偲ぶ気持ちの人が来てくれるということで、敢えてお葬式と切り離す遺族も多いそうです。このような流れは、東京以外でも広まりつつあります。

Copyright© 2017 故人の遺志を汲み取った葬儀を執り行おう|業者の選び方をリサーチ All Rights Reserved.