神秘の瞬間を写す

スタジオで撮影

マタニティフォトをご存知でしょうか。マタニティフォトとは、妊娠中でおなかの大きくなった女性の姿を記念に残した写真のことです。妊娠中の丸みを帯びた女性の体は、生命力に満ち溢れて、神秘的で美しい。人生において何度もない瞬間を写真に残すことは、最近は、芸能人やタレントだけでなく、一般の妊婦さんたちの間でも静かなブームになっているようです。 妊婦本人だけでなく、カップルやご夫婦、すでに子供がいる場合はその子と一緒にとることも素敵なことです。新しい命の誕生を家族のみんなで迎える、深い絆を感じる一枚になるでしょう。 写真を撮る時期は、おなかの膨らみが目立ち始めるころ、安定期以降の妊娠7ヶ月から9ヶ月ごろに撮影するのがよいでしょう。

マタニティフォトは、大きく分けて、写真専門店のマタニティコースで撮る”スタジオ写真”場合と、自分自身で撮る”セルフ写真”の場合があります。 スタジオ写真のメリットは、メイクや衣装の貸し出しなどのオプションがあること、天候に左右されずとることができること、またプロに撮ってもらえるので技術的な高さの安心感があることです。 セルフ写真のメリットは、工夫次第でさまざまなシチュエーションを演出できて、スタジオ写真よりも安価ですむことです。演出には、おなかに文字やイラストをペイントしたり、包み込むようにリボンをかけたり、花を飾ったりすることがあります。 また海辺や野原で個性的なマタニティフォトを撮りたい人や、自宅や近所で普段の生活のままに写真を残したい場合は、出張サービスのある写真専門店を探すとよいでしょう。 一生の宝物となるマタニティフォトを、生まれてきた赤ちゃんにも是非見せてあげてください。